株主優待制度

株主優待の変更に関するお知らせ

 当社は2007年のイオン北海道への社名変更、さらには2020年のマックスバリュ北海道との経営統合で新生イオン北海道が誕生、「北海道のヘルス&ウェルネスを支える企業になる」を経営ビジョンに掲げ、地域ナンバーワンの小売業を目指しております。この度、より一層株主の皆さまの日頃のご支援にお応えするとともに、当社株式への投資魅力を高め、長期的に安定して当社株式を保有いただく「お客さま株主」として当社グループ店舗をさらにご利用いただくことを目的に「株主様ご優待券」の増額及び「長期保有株主優待」制度を新たに導入することとしました。
詳しくは、下記のリンクよりニュースリリースをご確認ください。

株主ご優待券の贈呈

対象となる株主さま

株主優待を受けるためには当社の「株主権利確定日」(2月末日)の株主名簿に株主さまのお名前で100株以上のご所有の記載が必要です。株主権利確定日の2営業日前(権利付最終日)までに証券会社を通じて株式をお求めの上、手続きをして下さい。

株主様ご優待券

年1回100株以上保有の株主さまに優待券を贈呈いたします。

株主様ご優待券
優待券贈呈枚数
保有株式数 優待内容(優待金額)
100~199株 25枚(2,500円分)
200~499株 50枚(5,000円分)
500~999株 100枚(10,000円分)
1000~1999株 150枚(15,000円分)
2000株以上 200枚(20,000円分)

株主様ご優待券のご利用方法

1回のお買い上げ金額が1,000円(税込)以上の場合につき、1,000円毎に1枚ご利用できます。

株主様ご優待券のご利用可能店舗(2022年8月末現在)

株主様ご優待券は下記のグループ会社が運営する、イオン、マックスバリュ、スーパーセンター、まいばすけっと、ザ・ビッグなどの直営売場でご利用いただけます。

<ご利用いただける会社>

  • ・イオン北海道(株)
  • ・イオンリテール(株)
  • ・イオンリテールストア(株)
  • ・イオン九州(株)
  • ・イオン琉球(株)
  • ・イオンビッグ(株)
  • ・イオン東北(株)
  • ・マックスバリュ南東北(株)
  • ・イオンマーケット(株)
  • ・マックスバリュ関東(株)
  • ・マックスバリュ東海(株)
  • ・マックスバリュ長野(株)
  • ・マックスバリュ北陸(株)
  • ・マックスバリュ西日本(株)
  • ・イオンスーパーセンター(株)
  • ・(株)光洋
  • ・まいばすけっと(株)

但し、酒類、タバコ、切手、印紙、ハガキ、商品券、プリペイドカード、処方箋により販売する医薬品、その他各社の指定する商品の購入、ネットショップ等ではご利用できません。一部の店舗・売場でご利用いただけない場合がございます。また、専門店でのご利用はできません。

株主様ご優待券の有効期限

有効期限は発行後1年間とし、株主様ご優待券に記載されている期限とします。

イオンラウンジのご利用

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴い、イオンラウンジはサービスを一時休止しております。
お客さまの安全が十分確保できることを基準として再開の判断をさせていただきます。
お客さまにはご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご理解、ご協いただきますようお願い申し上げます。

対象となる株主さま

毎年2月末日現在の株主名簿に記載された500株以上を保有する個人の株主さまを対象とします。

イオンラウンジのご利用について

イオン株主さまカード

全国のイオングループの店舗に開設している「イオンラウンジ」をご利用いただけます。
イオンラウンジはお買物の合間にご休憩いただくために店内に設けたサービス施設です。
500株以上保有の個人の株主さまにご利用カードを発行いたします。

ご利用カード(株主さまカード)の有効期限

有効期限は発行後1年間とし、ご利用カードに記載されている期限とします。

長期保有株主優待制度

 長期保有株主優待制度は、当社の株式を3年を超えて500株以上継続して保有されている株主さまに、毎年2月末時点の株主名簿に基づき、下記の基準で保有株式数に応じたイオンギフトカードを贈呈させていただきます。

2月末日の保有株式数 イオンギフトカード金額
500~1,999株 2,000 円分
2,000~2,999株 4,000 円分
3,000~4,999株 6,000 円分
5,000株以上 10,000 円分

※ 3年以上継続保有の株主さまとは、2月末及び8月末時点の株主名簿に、同一株主番号で500株以上保有し、7回以上連続で記載された株主さまとします。
※ 長期保有株主優待制度は、2023年2月末日権利確定日から導入されます。

たとえば・・・
2020年2月期末以前から株主名簿に同一株主番号で継続記載されて、500株保有していた場合
長期保有株主優待制度による贈呈例