中期経営計画

当社は、「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」という、イオンの基本理念に基づき、地域密着の経営をさらに推進する新中期経営計画を、2017年度よりスタートいたしました。

目指す姿

  • 北海道で最も信頼される企業になる
  • 小売業におけるリーディングカンパニーになる

当社は目指す姿に向け、「4つのNo.1」の実現に取り組んでまいります。

I.顧客ロイヤリティ北海道NO.1企業の実現

重点取組事項

1.地域に合わせた店づくりの推進
全道各店舗において、地域毎のお客さまのニーズに合わせた店舗活性化とマーチャンダイジングの改革に取り組みます。合わせて新規出店のための物件確保をすすめます。
2.ヘルス&ウエルネスの強化
全世代に急速に広がる、「暮らしのヘルス&ウエルネス志向」に対応する先進企業をめざし、商品やサービスの拡充を図ります。
3.オムニチャネルの推進
全道に即日配送が可能なネットスーパーを更に拡大するとともに、eショップの再構築、デジタル販促の強化に取り組みます。

II.収益性と安定性で北海道NO.1企業の実現

重点取組事項

1.収益力の向上
荒利益率の向上、人件費増加抑制、省力化/省人化の各施策を推進します。自己資本当期純利益率(ROE)は10%以上の高い水準を堅持します。
2.キャッシュ・フロー経営
収益を生む店舗活性化や、不動産の買取、省エネ投資をすすめ、営業キャッシュフロー内で安心安全、事業継続プラン、計画修繕等にも、積極的に投資します。
3.経営品質の向上
コーポレートガバナンス基本方針の励行を図り、店舗定例監査の更なる評価改善の取り組みや、経営品質改善PTによる内部統制とリスクマネジメントを推進します。

III.地域活性化企業北海道NO.1の実現

重点取組事項

1.ご当地WAONによる地域連携の推進
お客さま参加の地域貢献ツールとして、寄付スキームを持つご当地WAONの機能の拡大や加盟店拡大により、お客さまの利便性向上を図ると共に、地域共通ポイントの導入をすすめます。
2.地域活性化活動の拡大
自治体や企業との信頼関係を強化し、連携して地域貢献活動に取り組みます。イオン道産デーやインバウンド対応を通じて、地産地消から地産外消まで、広く北海道ブランドの活性化を図ります。

IV.働き続けたい企業北海道NO.1の実現

重点取組事項

1. 新たな採用手法の導入
将来の労働力不足への対応や、次代を担う多様な人材を確保するため、採用ツールの刷新や、体験型インターンシップの導入をすすめます。
2.教育制度の充実とキャリアプランに基づく配置
教育主任の全店配置、主任・担当者教育と専門店化教育の強化、キャリア・デベロップメント・プランの現場活用をすすめます。
3.より透明性のある人事制度の導入
人事制度改革プロジェクト・チームにより、従業員の声を活かした、より透明性、納得性の高い、人事制度の導入をすすめます。

数値計画

売上高1,950億円、営業利益90億円。売上高ではグループで道内シェアNO.1を目指します。

2017年度 実績 2019年度 計画
売上高 186,696百万円 195,000百万円
営業利益 8,596百万円 9,000百万円
ROE 16.2% 12.3%
DEレシオ 0.28倍 0.71倍