先輩からのメッセージ

2014年新卒採用 イオン北海道株式会社札幌桑園店 農産部門山下 広貴Yamashita Hiroki イオン北海道株式会社札幌桑園店 農産部門山下 広貴Yamashita Hiroki

鮮度、品揃えなど、あらゆることに妥協しない。お客さまの声にできる限り応え、挑戦していく姿勢を大切にしています。 鮮度、品揃えなど、あらゆることに妥協しない。お客さまの声にできる限り応え、挑戦していく姿勢を大切にしています。

グラフ グラフ

みんなが知っているイオン北海道で大好きな接客の仕事をしたかったみんなが知っているイオン北海道で大好きな接客の仕事をしたかった

学生の頃、アルバイトで接客の楽しさを経験し、接客・販売の仕事に興味を持つようになりました。札幌で開催された企業説明会では、小売業を中心に何社か話を聞きましたが、一番にエントリーしたのがイオン北海道でした。企業の認知度が高いことと、道内有数の大手企業であるイオン北海道で働いてみたいという憧れがあったからです。就職前から、自分を含め周りの人たちもイオンのお店には馴染みがありましたし、就職先を聞かれたときに堂々と「イオン北海道」と答えられたらいいなと思っていました。

画像01

画像02

商品知識を勉強するところからスタート今では野菜売場の全てを任されています

入社後は農産部門に配属されました。キャベツとレタスの違いもわからなかった私は、とにかく売場にある野菜と果物は最低限覚えようと必死に勉強しました。イオン農産マスター(※)の資格取得や上司・先輩の指導のおかげで、今は野菜の発注・在庫管理、売価設定、売上・利益の管理、新入社員の育成などを任されています。売場レイアウトを考えるのも仕事の一つ。商品部から届くプランをもとに、どの位置で何をどれだけ売るかを考え、商品を発注しています。売上に直結する重要な仕事なので、利益につながったときの達成感はすごく大きいです。
※イオン農産マスター
イオンが認定する社内資格の一つで、一定の商品知識、商品化技術を有する者に与えられる資格。研修を通して知識・技術を身につけます。

画像02

コミュニケーション力を活かしもっと現場で活躍できるようになりたい

商品知識を身に付けたり、利益を上げることも大事ですが、部下やパート社員とのコミュニケーションも大事だと思っています。年齢など関係なく、積極的にみんなに声をかけるようにしていますし、相談されることも多いです。また、お客さまにおすすめした商品が好評だったり、任される仕事が増えていくと仕事のやりがいを実感し、モチベーションが上がります。現在、農産部門に配属されて5年目です。今後は部下やパート社員を引っ張っていく存在になれるよう、現場で経験を積みステップアップを目指します。

画像03

ある日のスケジュール

  • 出勤 
    前日の在庫・入荷商品のチェック、
    品出し、売場づくり
  • 開店 品出し、売場づくり、
    メールチェック
  • バックルーム整理、商品の発注修正
  • 休憩
  • パート社員への業務指示・
    連絡事項の整理、
    翌日に備えた売場レイアウトの考案、
    売価設定など
  • 来月のセールスについて
    上司とミーティング
  • 退勤

スケジュール

先輩からの一言

先輩からの一言 積極的なチャレンジが自分の世界を広げるきっかけに先輩からの一言 積極的なチャレンジが自分の世界を広げるきっかけに
イオン北海道では、資格取得のための研修制度が充実しています。内容が幅広く、他部門のことも学べるので、自分のやりたいことを見つけられると思います。自分のやる気次第で可能性が広がり、スキルアップを続けられることがイオン北海道の魅力だと感じます。

エントリー

  • マイナビ2020