先輩からのメッセージ

1987年新卒採用 イオン北海道株式会社札幌元町店 店長白戸 正樹Shirato Masaki イオン北海道株式会社札幌元町店 店長白戸 正樹Shirato Masaki

バイヤーとして培った力を現場に活かしたい。クリエイティブな発想で、イオン札幌元町店の次の10年をつくっていきます。 バイヤーとして培った力を現場に活かしたい。クリエイティブな発想で、イオン札幌元町店の次の10年をつくっていきます。

グラフ グラフ

お客さまや部下との距離が近い分、彼らの生活を守っている責任感を感じます

イオン札幌元町店は『元気・勇気・本気』を店の方針としています。活気あふれる店であること、失敗を怖れないこと、そして何事にも妥協せず本気で取り組むこと。従業員も私もこの3つを意識して仕事をしています。現在、当店にはパート、アルバイトを含め420名の従業員が働いており、年齢もスキルもさまざまです。みんなが楽しく前向きに仕事ができるように声をかけ、困ったことがあれば相談しやすいように、日頃から自然体でいることを心がけています。一方で、店長であるという緊張感を常に持ち、周囲への目配りを絶えず意識して働いています。

画像01

画像02

流通業界の花形ともいわれるバイヤーぜひ一度経験してもらいたいです流通業界の花形ともいわれるバイヤーぜひ一度経験してもらいたいです

本社ではデリカ(惣菜)部門のバイヤーとして2年半働き、その後同部門のバイヤーマネージャーに昇格しました。バイヤーの仕事は仕入れや商品開発、それに伴うメーカーとの商談がメイン。原料の産地や工場の視察のための出張も多いです。流通の最先端を学ぶためにアメリカにも行きました。バイヤーは他社・異業種の方々と関わる機会が多く、交渉力やプレゼン力、マネジメント力を身につけられますし、社外の動向への意識も高まります。店長は、店を活性化させるための戦略を広い視野で考えていく必要があります。バイヤー時代の経験はとても役立っています。

画像02

「イオンに来て良かった」という声を10年後も聞けるようにしたいです「イオンに来て良かった」という声を10年後も聞けるようにしたいです

現場に立つ従業員は、お客さまの来店に備えての売場づくりや商品管理などが主な仕事です。店長の仕事は、彼らがつくった売場を多くのお客さまに見ていただくことだと思っています。よりたくさんのお客さまがお店に足を運んでくださるよう、店内でのイベントを自ら企画・運営しています。イオン北海道はおかげさまで10年目を迎え、8月に11年目に入りました。次の10年目に向けて、札幌元町店もお客さまにも従業員にもより愛されるお店にしたいと考えています。クリエイティブな発想を常に持ち、その姿勢を次の世代に引き継いでいきたいです。

画像03

ある日のスケジュール

  • 出勤 前日の売上げ・利益などの
    数字チェック、メール・書類の確認
  • クリーンタイム(※) 
    店内の売場すべてを巡回
  • 休憩
  • デスクワーク メールチェック、
    昼礼での申し送り事項を整理
  • 昼礼
  • クリーンタイム
  • 店内ミーティング
  • 翌日指示、最終巡回、翌日業務の推進
  • 退勤
  • ※従業員全員が売場に出て、店内に活気や賑わいを出すための取り組み。
    毎日15分間、挨拶をしながら掃除や商品整理、
    食品の鮮度チェックなどを行う。

スケジュール

先輩からの一言

先輩からの一言 バックボーンが違う若い世代から刺激を与えてもらいたい
昔の上司から、「ただ従って行動するのではなく、相手の発言を理解したうえで自分の意見を述べることが、本当の『素直』なんだ」と教えられました。本音をどんどん我々にぶつけてきてください。若さあふれるパワーに期待しています。

エントリー

  • マイナビ2020