先輩からのメッセージ

2009年新卒採用 イオン本社 営業本部 生活圏デザイングループ マネージャ 栗原 泰弘 Kurihara Yasuhiro イオン本社 営業本部 生活圏デザイングループ マネージャ 栗原 泰弘 Kurihara Yasuhiro

10年後、20年後を見据え、夢のある未来のショッピングセンターを形にしていくことが目標です。10年後、20年後を見据え、夢のある未来のショッピングセンターを形にしていくことが目標です。

グラフ グラフ

より魅力的なショッピングセンターを自分で考え、作ってみたいという想い

イオンというと、大きなショッピングセンターのイメージがあり、いろいろなお店や機能が備わっていて、ひとつの街のようなものだと感じていました。そんな地域に根ざしたショッピングセンターを、自分で企画して作ってみたいと思ったのが入社の動機です。現在は、生活圏デザイングループに所属しています。業務を説明するのが難しいのですが、わかりやすく言えば「将来のショッピングセンターのあり方」を考える部署。どんなお店や機能があれば、地域の方々に喜ばれ、暮らしやすくなるか。「イオンのあるまちに住みたい」を具現化していくことが、私たちの仕事だと考えています。

画像01

画像02

正解がなく、成果が見えるのはずっと先それでも、夢のある未来を考えるのは楽しい

未来を考えてプランを作るということは、正解がないことをやっていて、本当に皆さんに喜んでもらえるかは未来にならないとわからないと思っています。今行っている業務は、日々成果が見えるわけではありませんし、本当に会社のためになっているのか、悩むことも多い。それでも、夢のある未来を自由に考えるのは楽しいですし、誰もが経験できる仕事ではないので、とてもやりがいに感じています。10年後、20年後に、生活する上で必要不可欠で、行くだけで楽しくなり、地域の課題の受け皿となりうる魅力的なショッピングセンターを形にすること。今はそれ以上の目標は考えられません。

画像02

公募制度を活用してグループ会社に出向視野や考え方を広げることができました

私は、店舗で売場を経験した後、ショッピングセンターを企画したいという夢に向かうために、社内公募制度を活用してグループ会社に出向しました。出向会社では、小売業の売場としての視点と開発的な視点の両方のものの見方を学ぶことができました。また、道外のイオングループの仲間とネットワークもでき、未来のショッピングセンターを考える上でとても役立っています。自分がやりたいと思った事業や業種などにチャレンジできる制度が充実しているのも、当社の魅力のひとつだと思います。
*社内公募制度 社内・グループ内のさまざまな事業や新業種・新業態などで活躍を希望する人材を広く募る制度です。自分の意思で希望する事業・職種に応募できます。

画像03

1日のスケジュール

  • 出勤・メールチェック・打合せ資料準備
  • 外出(役所や地域団体などと打合せ・情報交換)
  • 昼食・休憩
  • 取引先と打合せ(プラン作成)
  • ショッピングセンターや公共施設の視察・巡回
  • 帰社・社内ミーティング(進捗報告・情報共有)
  • 退勤

スケジュール

先輩からの一言

多彩な人材が想いを同じにして取り組むことができる会社です
イオン北海道には統合や出向などから多彩な人材がいて、多様な考え方がいい意味でミックスされ、日々刺激し合えて成長できる雰囲気があります。そして、みんな小売業が好き、イオンが好き、北海道が好きなので、何事に対しても想いを同じにして、同じベクトルを向いて力を合わせて取り組むことができる会社だと思います。

エントリー

2022年卒向け情報はこちらから!

  • マイナビ2022
  • リクナビ2022

2023年卒向け情報はこちらから!

  • マイナビ2023
  • リクナビ2023