トップメッセージ

北海道に根ざした
「サステナブル経営」を実践します

イオン北海道株式会社 代表取締役 社長星野 三郎
イオン北海道株式会社
代表取締役社長
星野 三郎

イオン北海道は昨年2017年度に誕生10周年を迎えることができました。お客さまをはじめ、全てのステークホルダーのみなさまに支えられ、共に成長することが出来た10年でした。みなさまに心よりお礼申し上げます。

小売業を取り巻く経営環境は、少子高齢化による人口減少、技術革新、環境問題、お客さまの「モノからコトへ」のニーズの変化などにより激変しています。この先10年の変化はさらに大きくなるでしょう。その中で私たちは「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」というイオンの普遍の基本理念のもと、事業の成長と地域社会の発展を両立させる「サステナブル経営」を実践することで変化に対応し、地域と共に持続的な成長を続けてまいります。

私たちは「まちづくり」の一役を担っています。「地域社会の発展」という共通の想いを持った産官学と連携し、地域のすべてのみなさまが健康で豊かに、そして幸せに生きていくこと、「ヘルス&ウエルネス&ハピネス」を実現することが私たちの使命です。緑豊かで、多世代が住み、地域のコミュニケーションが盛んで、子育て世代にもシニア世代にも優しい、暮らしやすく、住み続けたいまちづくり。そのまちの重要なインフラとして、地域の交流拠点として、イオンの店があります。食や健康、カルチャーやスポーツ、音楽や旅、笑いやリラクゼーションなど、地域のみなさまが活き活きと触れ合い、新しい体験、新しいコミュニケーションが生まれる、そんな魅力ある店づくりに、これからも取り組んでまいります。

私たちはこれからもずっと地域と共に歩んでいきます。「イオンがあるまちにすみたい」、みなさまにそう思っていただける店づくりに邁進すると共に、新たな成長事業にも取り組んでまいります。今後ともご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

2018年6月
代表取締役社長 星野 三郎