トップメッセージ

新生「イオン北海道」が誕生します

イオン北海道株式会社 代表取締役 社長青柳 英樹
イオン北海道株式会社
代表取締役社長
青栁 英樹

2020年3月、当社は同じイオングループで食品スーパーマーケット事業を道内で展開するマックスバリュ北海道株式会社と経営統合し、新生「イオン北海道」が誕生します。両社はこれまでも「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」というイオングループ共通の基本理念のもと、常に連携してまいりました。この統合により、経営資源やノウハウの共有化をすすめ、シナジーの極大化を図ることで、これまで以上に北海道に貢献し、北海道でNo.1の信頼される企業を目指してまいります。

小売業を取り巻く経営環境は、少子高齢化による人口減少やマーケットの縮小、労働力不足の顕在化や、ライフスタイルの変化や技術の進歩によるデジタルビジネスの台頭など、激変が続いております。その中で新生「イオン北海道」は未来に向けて、新しい小売業の姿を創造してまいります。大型ショッピングセンター、総合スーパーマーケット、食品スーパーマーケット、食品ディスカウントストア、小型スーパーマーケット、そしてネットスーパーをはじめとするインターネットショップまで、多様な店舗網でお客さまの毎日の暮らしをお手伝いしてまいります。
 店舗では、そこにしかないお買物体験に磨きをかけるとともに、お客さまの利便性の向上を図るデジタルテクノロジーの導入も加速してまいります。また、日々店頭のお客さまとのコミュニケーションを図ると同時に、購買データ分析のレベルを上げ、地域に合わせた商品開発や品揃え、新たな店舗の開発と出店をすすめてまいります。
 インターネットショップでは、北海道のおいしいものを全国にお届けするギフトの拡大や、ネットで注文や予約をして、ご都合に合わせて店舗で受け取るなど、リアルとネットをシームレスにつなぐ仕組みづくりに取り組んでまいります。

当社の店舗は、お買物をしていただく場所だけではなく、地域の皆さまが集い、様々な出会いや体験を通じて、健康な毎日を楽しむ場所にしたいと思っております。これからも、まちづくりや活性化、環境社会貢献活動を地域の皆さまとともにすすめ、「イオンのあるまちに住みたい!」、そう言っていただける店づくりに取り組んでまいります。変わらぬご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。

2019年5月
代表取締役社長 青栁 英樹