イオン北海道のダイバーシティ

イオン北海道は、「働き続けたい企業北海道No.1」をめざし、ダイバーシティ経営を推進しています!イオン北海道は、「働き続けたい企業北海道No.1」をめざし、ダイバーシティ経営を推進しています!

ダイバーシティの考え方

イオン北海道がダイバーシティ経営を推進する目的。それは、「イオンがAEON(ラテン語で永遠という意味)であり続けるため」です。当社が持続的に成長し続けられる企業であるためには、 常にお客さまの変化に対応して変化し、過去の成功体験にとらわれない新たな発想をカタチにすることで「お客さま第一」を実現し続けなければならないと考えております。

働き方

  • 勤務間インターバル制度

    勤務間
    インターバル制度
    勤務と翌日の勤務の間を10時間以上空け、休息時間を確保する制度
  • ノー残業デー

    ノー残業デー
    ワークライフバランスの推進のため、毎週水曜日はノー残業デーに設定

仕事と育児・介護の両立

  • 育児短時間勤務

    育児短時間勤務
    子が小学校6年生を終了するまで、1日最大3時間労働時間を短縮することができる
  • 短期育児休職制度

    短期育児休職制度
    子が1歳になるまでの間、最大10日間の特別有給休暇を取得することができる
  • 配偶者出産休暇

    配偶者出産休暇
    配偶者が出産した場合、最大3日間の有給休暇を取得することができる
  • 介護短時間勤務

    介護短時間勤務
    介護勤務開始から3年間以内の間で、1日最大3時間労働時間を短縮することができる

キャリアアップ

  • CDP(キャリア・ディベロップメント・プラン)

    CDP
    (キャリア・ディベロップメント・プラン)
    個人の目標を上司と共有し、それを会社全体で共有し、異動・配置・教育に活かすツール
  • 正社員登用制度

    正社員登用制度
    年1回当社で働く従業員に対し、正社員登用を実施

認定歴等

  • イクボス企業同盟への加盟<br>(2016年8月)

    イクボス企業同盟への加盟
    (2016年8月)
    「イクボス」とは、職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことを指します(対象は男性管理職に限らず、女性管理職も)。
    イクボスドットコム
  • えるぼし3段階認定<br>(2016年7月)

    えるぼし3段階認定
    (2016年7月)
    「えるぼし」認定は、厚生労働省が定める5つの評価項目(採用、継続就業、労働時間等の働き方、管理職比率、多様なキャリアコース)のうち、認定基準を満たす項目数に応じて厚生労働大臣が3段階で認定するものです。
  • くるみん認定<br>(2017年12月)

    くるみん認定
    (2017年12月)
    「くるみん」とは「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた証です。

SDGsの取組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは、持続可能な世界を実現するために国連サミットで採択された、2030年までの国際目標です。 この重点課題に取り組むことで、持続可能な開発目標(SDGs)の目標4、5、8、10、17の達成に貢献します。